もうインチキ育毛剤にダマされない!

インチキ育毛剤鑑定団

未分類

【インチキ鑑定】チャップアップは本当に効くのか?

更新日:

育毛剤「チャップアップ」に関してはネット上でも色々と語られていますが、どうなんでしょう?

効くんでしょうか?それともインチキ?

 

総合判定

★☆☆ 星1つ

判定基準 判定
臨床試験をしているか?
病院で使われているか? ×(見つけられてない)
日本だけでなく海外でも使われているか? ×(見つけられてない)

 

臨床試験(治療試験)

アメリカの国立医学図書館のデータベースで、「チャップアップ」、または、チャップアップの宣伝文句の中で育毛成分と位置付けられている「センブリ」(=Swertia japonica)で検索すると、31の文献がヒットしましたが、育毛、発毛に関するものは一つもありませんでした。

が、センブリではなく、センブリエキスに含まれるオレアノール酸で検索した所、臨床試験がヒットしました。

 

もう一つの育毛成分とされているM-034でも同様に検索しましたが、臨床試験の文献は見つかりませんでした。

詳細は後で説明します。

 

病院での使用

20ヵ所以上のAGA病院に行きましたが、チャップアップやセンブリ、M-034を薄毛の治療に使っている病院は一つもありませんでした。

また、グーグルでも検索しましたが、いずれか薄毛の治療に使っている病院は見つかっておりません。

どなたか、ご存知方がいらっしゃいましたら情報提供をお願いします(contact@antibald.click)。

 

海外での使用

同様に、チャップアップそのものや、センブリ、M-034を薄毛治療に使っている外国の病院は見つかっていません。

情報提供を求めます。

 

チャップアップの"有効"成分は?

チャップアップは天然成分55種類+アミノ酸15種類、独自監修で配合」。

全成分表示を見ると、これです。

チャップアップ全成分

「ひゃー!どれが育毛成分が分かりにくいなあ」と思っていたら書いててくれました。

チャップアップ有効成分紹介文

という事で2種類が育毛に関わっているという説明です。

一つはセンブリエキス。もう一つはグリチルリチン酸。

グリチルリチン酸は、歯磨き粉とかニキビの薬なんかにも使われる殺菌剤なので直接的には育毛に関係なさそう。

ということで、ホームページの説明いわく「直接毛根を刺激し、毛根部の血流を促進することによって毛母細胞の働きを高め、育毛、養毛効果を有します」という「センブリエキス」がキモのようです。

 

センブリエキスって何?

センブリといえば、バラエティ番組の罰ゲームで飲まされる、超にがい「センブリ茶」くらいしか思いつかなかったんですが、実は昔から日本では庶民の薬=民間薬として親しまれていたとか。

ウィキペディアによると、その最初の使用は、資料に表れてくるのが1,856年、江戸時代だそうなので150年以上昔から胃薬として使われていて、今でも、ゲンノショウコ、ドクダミとならんで日本の三大民間薬とされています。

日本の薬を掲載した日本薬局方でも、センブリを乾燥させた粉末=「センブリ末」は健胃薬、止瀉薬(下痢止め薬)として紹介されていて、その効果・効能には、「胃弱,食欲不振,胃部・腹部膨満感,消化不良,食べ過ぎ,飲み過ぎ,胃のむかつき。下痢,消化不良による下痢,くだり腹,軟便」が挙げられています。

という事で胃腸薬としては良さそう!というのは分かりましたが、薄毛の薬としてはどうなんでしょう?

 

センブリエキスは効くのか?

まず、アメリカの国立医学図書館のデータベースPubMedでセンブリエキス=Swertia japonica で検索すると、31件の文献がヒットしました。

韓国と中国文献が2つずつ、残りの27件はすべて日本人によるもの。

センブリは日本固有の生薬だそうですから、当然かもしれません(にしても、欧米の研究者には見向きもされていないのは悲しい・・・)。

すべての文献のアブストラクト=要約に目を通したところ、センブリが消化管運動に関わっているとか(ネズミ)、はたまた抗がん作用があるかもとか(ネズミ)といった内容のものは見つかりましたが、薄毛、脱毛症に関するものは一つもありませんでした。

 

チャップアップのホームページを見ると、

チャップアップ紹介文章_学術報告

とあるので、

”家兎”=ウサギの脱毛症に対する有効性を確認した実験はありそう!

と思って、この”学術報告”をGoogleで検索しましたが、ヒットするのはステマサイトばかり。この”報告”そのものを見つけることはできませんでした。

 

オレアノール酸の効果

センブリでは見つかりませんでしたが、センブリに含まれているオレアノール酸で検索すると、AGA患者14人に対して行った臨床試験の結果がヒットしました。

それによると、オレアノール酸配合育毛剤 (センブリ抽出液OA22.5%を含有する70%エタノール溶液)を50歳以下の男性型脱毛症14例に4カ月間投与しています。

投与方法は、患者の頭皮の左右半分に育毛剤を塗布、半分には偽薬(プラセボってやつです)を塗布する、という方法です。

結果、4か月後に比べてみると、硬毛数が塗布した側では増えていたのに、プラセボ側では増えませんでした。

臨床判定では3例が有効とされました。まあ、医師から見ても効いたと言える症例が14例中3例だったという事でしょう。

 

M-034は効くのか?

なお、センブリエキス以外でも、別のページに、チャップアップに含まれているミツイシコンブのエキス、M-034というのが育毛効果があるとの説明も見つけましたが、これまたアメリカの国立医学図書館では何の文献も見つかりませんでした。

グーグルでも「M-034」で調べてみましたが、またまたステマサイトがヒットするだけで、信頼できそうな医学関係者のサイトは一つも!見つかりませんでした。

唯一の医学関係者のコメントが、先ほどのチャップアップのホームページで効果を語っていた「日本臨床医学発毛協会」会長の松山淳先生という医師のもの。

気になって、この「日本臨床医学発毛協会」のサイトも除いてみると「協会認定商品紹介」の文字が!チャップアップが載っているかと思いましたが、何も書いていませんでした。

会長がお墨付きを与えているのに、協会は”認定”さえしない・・・。不思議です。

 

その他ホームページ上表記について

アレルギーテストについて

チャップアップ_パッチテスト表記

 

このように様々な皮膚テストをしていることがかかれていますが、パッチテストやスティンギングテストは、あくまで皮ふへの刺激性を調べるテストであって、育毛効果とは一切関係ありません。

 

 

 

 

-未分類

Copyright© インチキ育毛剤鑑定団 , 2018 All Rights Reserved.