もうインチキ育毛剤にダマされない!

インチキ育毛剤鑑定団

ここに来たという事は育毛剤を探しているんだと思いますが、どんな育毛剤を探してます?

そりゃあ、実際に生えてくる、効果バッチリの育毛剤が欲しいに決まってるだろっ!

 

ですよね。では、どうやって、それを見つけるつもりですか?

実際使ってる人の口コミを見て決めるつもりだけど。みんなそうじゃないの?

 

確かに。例えば、アマゾンや楽天で買い物する時は、必ず実際買った人のレビューをチェックしますよねえ。

でも、それ、育毛剤に関しては・・・・危険です!

 

比較サイトの口コミは信用するな!

育毛剤を探そうとグーグルやヤフーで検索すると、ヒットする育毛剤比較サイト、ランキングサイト。そうしたサイトでよくあるのが、

この育毛剤を使い始めて、8か月。以前と比べて手ぐしを通した時のボリューム感が違います!

 

この育毛剤を使ったら半年でこんなにフサフサに!とはいきませんが、抜け毛が減り、あんなに細かった髪にコシが出てきた気がします!

的なレビュー、体験談ですよね。

でも、これ、かなり怪しいです。

 

(1)口コミレビューはホント?

そもそも、それほど大企業でもない業者の作った育毛剤の体験談が、そこら辺のシロウトが作った比較サイトにいくつも掲載されている事自体、相当ムリがあります。

だって、そんなに簡単に口コミを集められませんから。

 

簡単な算数をしてみましょう。

例えば、年間売上が数億円規模の中小企業が多い育毛剤業界では、単価1万円の育毛剤が年間10万個売れたら”大ヒット商品”です(それだけで売上10億円!)。

その場合、購入者数は、年間一人4個買うとしたら(平均して3か月に1回買う)、10万÷4=2.5万人となります。

2.5万人って日本国民1億人からすると、たったの0.025%です。4,000人に1人。

さらに、この中で体験談に出てくるような「よく効いた人」に絞ると、私が製薬会社にいた時の経験に照らして考えると、化粧品や医薬部外品の育毛剤なら1/10以下でしょう。

0.025%の1/10なら、0.0025%。4万人に1人です。

さらに、4万人に1人しかいない人の中で、自分の薄毛の話を他人にぺらぺらと話してくれる奇特な人と言うと、さらに限られてしまいます。

10万人に1人?もっと厳しいかもしれません。

そんな人、どうやって見つけるんですか?

私が製品開発に携わり消費者調査を数百回やってきた経験から言うと、10万人に1人しかいない人を複数人見つける調査はほぼ不可能だと思います。

もしかしたら1,000万円以上のお金をかければ、1人くらい見つけられるかもしれませんが、そこら辺の”比較サイト”を作ってるような人にそんなお金出せません。

そう考えると、明らかに見つかりそうもないほど珍しい人たちが何十ものサイトで、複数人が語っている状況は奇跡!相当ムリがあります。

 

(2)ホントだとしても単なる個人的な感想

でも、確率はスゴイ低いかもしれないけど、そうした人を見つけられる可能性はゼロではないでしょう?

まあ確かに、ゼロではありませんね。

分かりました。では、その”ありそうもない”ことが奇跡的に起こったとしましょう。

でも、その個人的な体験談に書かれているフサフサ効果・発毛効果がが僕らにも当てはまると言えますか?

だって、それぞれのサイトで語られてる話って、たった1人、2人、せいぜい10人に満たない人の話なんですから。

何百、何千という人の意見ならまだ分かりますよ。でも、1人、2人の意見なら、統計的には何の意味もありません。

それ、たまたまじゃない?あなた以外の99人は効かなかったかもしれないですよね?

と言われて終わりです。

結局、個人的な感想は、何ら効果を保証してないんです。

 

(3)育毛剤ランキングなんて根拠がない!

ネットで見つかるランキングサイトの多くは順位付けの基準があやふやです。明らかにサイト管理者の好みでしかありません。

その好みにしても、広告掲載費によって大きく左右されているケースは、残念ながら、そこら中にあります。

うちのサイトは当サイトでの売上順という客観的な指標があるから!

なるほど。でも、その売上順になったのは、その育毛剤を強力に勧めたからですよね?操作してるじゃないですか!

・・・。

 

ランキング上位→人気がある、したがって効果が高い、とは言えないんです。

 

育毛剤業界は怪しげな業者ばかり

残念ながら、育毛剤業界には、僕たちの弱みに付け込んでアコギな商売をする輩(ヤカラ)がゴロゴロいます。

なぜなら、育毛剤業界はベラボウに儲かるからです。

 

(1)育毛剤業界はボロ儲け!

①単価が高い

安くても数千円、高いと1本1万円以上の育毛剤なんてザラにありますよね。

さらに、多くの商品で、定期購入コースを選ぶと大幅な値引きがあります。定期コースは、大体最低4回は購入することを条件にしていますので、1人のお客さんをつかむと5万円近い売り上げが得られることになります。

1人つかむと5万円の商品って、他で言うと何でしょう?

パソコン?テレビ?

あんなに小さいプラスチックのボトル(ビン?)が、大企業が何十億円もの研究費を投じて開発したテレビやPCと同じ価値を生むことになります。

すごくないですか?

でも、全部が利益じゃないでしょ?原材料費が高いんじゃない?

 

②製品原価は安い

私は製薬会社や化粧品メーカーで製品30以上の製品開発に携わってきました。

その経験で言うと、パッケージを含めても1本500円もいかないでしょう。売れてて生産量の多い育毛剤なら100円以下だと思います。

粗利率95%!ボロ儲けじゃん!

そういう事です。

 

とは言え、どの育毛剤も出せば売れるわけではありません。

そこで各業者が力を入れるのが宣伝・広告です。特に力を入れるのがステマサイトとの提携です。

 

(2)ネット情報は自作自演ばかり

私も広告業をしているので分かりますが、育毛剤業者から得られる広告報酬は他の業界よりもかなり高額です。

そのため、心無い広告業者が、高額報酬目当てにインチキ育毛剤の購入意欲をそそるよう偏った情報を発信しています。

インチキ育毛剤業者の自作自演みたいなものなんです。

知ってました?

何となくそんな気がしていた・・・。

かもしれませんが、みなさんの想像以上にそうした腐った状況がそこら中にあります。

先ほどお話しした口コミや体験談も、その多くが、その類(たぐい)かと思われます。

先ほども言いましたが、みなさんがグーグルやヤフーで検索をすると、上位表示されるサイトのほとんどに個人的な体験談が載っていますが、まあ、疑ってかかった方がいいと思います。

アマゾンとか楽天の口コミレビューは?

アマゾンや楽天のように毎日何十万人も訪れるサイトなら、数少ない本当の体験者を誘引する力があるかもしれません。

ただ、それにしても企業の委託を受けて自作自演口コミレビューを書き込む専門業者が問題になっていますよね。

今や、口コミレビューの真贋を見極める"目利き力"が求められています。

 

そもそも育毛剤はもう要らない。それでも欲しい?

(1)今や医療で薄毛は治せる時代

私も15年以上薄毛に悩み、いろんな育毛剤にダマされ続け、結局、勇気を出して病院に行きました。その数20以上。そして今、薄毛を克服しました。

これは私だけの話ではありません。病院での薄毛治療の効果は、

明らかに増える人で8割、現状維持(抜け毛が止まる)の人も含めると100%近くになります。

というのが多くの医師に言われた見解でした。今では薄毛は治せる時代なんです。

 

薄毛治療、AGA治療に興味がある方はコチラもどうぞ

薄毛治療とは?

 

 

(2)それでも育毛剤が良いというのなら・・・

薄毛に悩む人は全国に1,000万人以上いると言われています。でも病院に行っている人はほんのわずか。

もちろん、病院で治療できることを知らなかった人も多いでしょうが、それ以上に

病院に行くのはちょっと・・・

ためらいますよね。

実際、当サイトに問い合わせてくれる人の声を聞くと、「病院に行くほど深刻ではない」、「治療費が高そう」、「副作用が怖い」、「病院に行くのは恥ずかしい・・・」。

私も10年以上、育毛剤・育毛シャンプーを使っていたので、その気持ちはよく分かります。

 

市販の育毛剤が効かないのは分かってはいるんだけど、「もしかしたら今度のは効くかも」と思ってしまう私がいる・・・。

信じないと言いながら一縷(いちる)の望みをかける矛盾した思い。私も抱いてました。

でも、これ、あながち間違いじゃないそうです。

確かに、医薬品ほどではないにしても、効く可能性のある育毛剤はあります。ある医師が言うには、

効果があるかどうかは医学的なエビデンスの豊富さによります。なので育毛剤の中にはまだデータがそろっていないだけで発毛効果のあるものがあるかもしれません。

私は病院で治療することをオススメしますが、どうしても育毛剤が良いというのなら、せめて!まともな育毛剤を手に取ってください。

 

インチキ育毛剤にダマされない方法

怪しい業者がうごめく育毛剤業界。金に目がくらんで怪しい情報を垂れ流すステマサイト。

八方ふさがりです。

僕たちはどうしたらいいのでしょうか?

 

(1)成分で選ぶ

ウソの口コミだろうが、アマゾンレビューでどんなに良い事が書いてあろうが、効果のある成分が入っていなければ、ただの水。毛は生えません。

当たり前ですよね。でも、この当たり前のことが軽視されがちです。例えば、次を見てください。

  • 利用者のアンケート結果で98.7%の人が「使って良かった」と答えた!
  • モンドセレクションで銀賞受賞!
  • 有名雑誌で話題の育毛剤として取り上げられた!

こんな文言が踊っているのを見ると、良さげな育毛剤に思えてきませんか?

 

でも、うがった見方をすると、どれも発毛効果を保証しているものではありません。「人気がある」、「権威のある機関が認めた」=「効きそう!」と思わせるための、マーケティングテクニックであり、どれもお金で買える話、操作できる話です。

有名雑誌にはお金さえ払えば掲載してもらえます。

モンドセレクションがお金で買えるのは公然の事実です。

お客さんのアンケート結果はごまかせないんじゃない?

アンケート結果も、「使って良かった」は効果の話ではなく、何となーくの”主観”でしかありません。

それに、回答者の選び方と質問の仕方によってはこの結果を出すのは難しくありません。

例えば、中身がただの水道水でも”水素水”といって飲ませると「体の調子が良くなった」という人が出てくるのと同様に、そういう信じやすい体質の人だけ集めて主観的な感想を求めれば、ほぼ100%近く「良かった」と答えるでしょう。

 

一方、成分は別です!

動かしようのない客観的な事実。

入ってもいない成分を入っていると言い張る"詐欺"業者は別として、成分は入っているか・いないか、どちらかしかありません。

成分は裏切らないのです。

 

(2)臨床試験結果が公表されている成分を選ぶ

では何をもってして「効果のある成分」とするか?

それは、少なくとも数十人レベルで試験(実際の患者に対する使用テストを臨床試験と言います)が行われ、その結果が公表されている事です。そしてその試験結果が第三者機関から公表されている事です。

 

臨床試験って育毛剤でもやるの?

やります。医薬品に限らず、どんな商品やサービスでも発売前にその効果を測定するために試験をします。

しかし、多くの育毛剤では、その試験結果が公表されていません。試験をしたと書いてあっても公表しないんです。

なぜなんでしょうか?

公表しないのは、公表できない理由がある、つまり都合の良い結果が出なかったと疑われても仕方がありません。

法律上、化粧品では効能効果をうたってはいけないんだよ!

知ってます。

でも、「本当に効く」試験結果があれば、良い宣伝になるじゃないですか?なぜ、アメリカの国立医学図書館など第三者機関のデータベースに載せるなどして多くの人の目に触れるようにしないんですか?

それをしないのは、公表する価値のある試験結果が得られてないから、と勘繰られてもしょうがないですよ。

 

ちなみに、ここでいう「試験」は、パッチテストなどのアレルギーテストのような発毛・育毛効果とは関係のない試験ではありません。

多くの健康・美容商品でパッチテストをあたかも効果測定の試験であるかのように書いているものがありますが、全く関係ありませんのでお気を付けを。

 

(3)医師が診療で使っているなら信頼できる!

実は、文献上は良い事が書いてあっても役に立たない成分は五万(ごまん)とあります。

医師にしてみたら、ヘンなものを治療に使って万一、医療事故でも起きたら大問題。

ですので、医師が治療で使っている成分は、相当、根拠があり、治療効果が期待できるとも言えます。

 

なお、病院での薄毛治療では、普通、医薬品が使われますが、中には医薬品としては認可されないものを治療に使う病院、医師もいます。

実際に私もお会いしたことがあります。

治療に使われているというと「効果が強そうだけど、副作用が怖い」と心配する人もいるかもしれませんが、その効果がマイルドで、僕らが手に取れる市販の育毛剤にも含まれている成分もあります。

 

(4)当サイトでの評価基準

そこで、当サイトでは次の基準で各育毛剤を判断します。

 

臨床試験の文献が見つかる

日本皮膚科学会のガイドラインにならって、アメリカの医学図書館PubMedや、Medicineといった医学文献のデータベースに所蔵されていることを第一条件とします。

 

医師が診療に使っている(日本、海外)

上の「(3)医師が診療で使っている」は日本での使用と海外での使用に分けます。

日本でしか使われていない成分もありますし、逆に、日本では医療機関での使用実績がないが、海外では治療に使われている成分もあるからです。

日本、海外両方で使われていればそれだけ効果が高いとみなします。

 

以上3つの指標(文献、日本での使用、海外での使用)すべてを満たしていれば最高ですが、多くの育毛剤が一つも満たしていません。

そんなもの、クソです!

うんこ

 

さあ、どの育毛剤が「クソ」で、どれが「最高」なのか、見ていきましょう。

 

更新日:

Copyright© インチキ育毛剤鑑定団 , 2018 All Rights Reserved.