リデンシルを使った育毛剤の薄毛への効果と副作用

更新日:

そもそもリデンシルとは?

リデンシルはスイスのInduchem(インデュケム)というメーカーで開発された育毛成分です。その成分はセイヨウアカマツ球果エキスとチャ葉エキス、グリシンとピロ亜硫酸Naに塩化亜鉛となっています。

最初に登場をしたのは、ドイツで開催された世界最大の化粧品展覧会「in-cosmetics」です。そこでイノベーションゾーンベストアワードにおいて銀賞を受賞しました。

 

リデンシルの作用

実際にリデンシルを使った場合の作用は、幹細胞に働きかけるというものです。この幹細胞とは、体のさまざまな組織や臓器になっていく細胞のことです。つまりあらゆるものの元となる細胞と言えます。

この幹細胞の動きが活性化することで髪の毛を作る毛母細胞が増えて、しっかりとした髪の毛が作られるようになるのです。

ほかにもリデンシルには、繊維芽細胞の代謝を活発にする作用があります。これは細胞の増殖や分化、形質発現の制御に対して重要な役割を持っており、髪の毛の土台を作る効果が期待できるのです。

さらにリデンシルに含まれているEGCG2という成分は、頭皮の炎症を抑える効果があります。

これらの効果が合わさることによって、ミノキシジルと比べてもほぼ2倍の毛包成長度があるということから、育毛剤業界でも大きく話題になっている成分と言えます。

ちなみにこれだけの効果がありながらも、使われている成分のおかげでリデンシルには目立った副作用がありません。

体質的な違いで問題が起きる可能性もゼロではありませんが、誰にでも起きる明確な副作用と言えるものはないでしょう。

 

実際にリデンシルが使われている育毛剤

髪に対してミノキシジル以上の効果があるとされているリデンシルは、薄毛に悩む人にとってとても気になる成分です。それではいったい、どのような育毛剤にリデンシルは使われているのでしょうか。

ある程度高級な育毛剤になると、リデンシルが使われているものが多く見つかります。

代表的なものとしては「リデン」「Deeper3D」「バイタルウェーブ」「プランテルEX」です。それぞれの育毛剤はリデンシル以外にもさまざまな育毛成分が配合されており、独自のアプローチ方法で薄毛問題の解消を目指しています。

それぞれの商品によってリデンシルの濃度も異なるので、気になる人はそれぞれの育毛剤が持つ特徴についてしっかりと調べるようにしてください。

Copyright© インチキ育毛剤鑑定団 , 2019 All Rights Reserved.